28.授業について!

 

こんにちは、とりあえず授業が始まってから1週間経ちました〜!なので書いていました通り、授業のことを整理していきます。

 

クラスは5つありまして、下のクラスからA1 A2 B1 B2 C1となっています。

 

授業がスタートする前の週にクラス分けテストを受けて、クラスが決定します。A1はポルトガル語を全く勉強したことがない人、ほんの少しだけしか勉強したことがない人が入ります。なのでテストはないみたいでした。他のクラスに入りたい人はライティングと会話のテストがあります。ライティングは指定されているテーマについて文章を書くというものでした。会話は自分が書いた文章に基づいて説明し、先生からの質問に答えるという形でした。(聞いていた話と違っていたのでその時々によってテストの形は違うかもしれません。)その際に紙に自分が入りたいクラスを書きます。

 

しかし、自分が入りたいクラスに入れるとは限りません。ちょっと難しいよ、という感じで下のクラスに行きなさいと優しく言われる場合もあります。

 

そしてメールでどこのクラスに分けられたかPDFが送られてきます。

 

さて、週にどのくらい授業があるのか!こんな感じです↓

月曜日 ライティング、音声[14時〜18時]

火曜日 会話、構造(3h) [11時〜17時]

水曜日 音声、会話(3h) [11時〜17時]

木曜日 構造、ライティング [14時〜18時]

*3hと書いてない所は2hです

 

最初は金曜日もあったのですが、金曜日に1つの授業を受けるだけのために大学に来るなんて嫌でしょう?木曜日に移すわね!という先生の鶴の一声で金曜日は全休になりました。(すごい自由!?)

 

ではそれぞれの授業についてチェックしていきたいと思います!

 

○ライティング

端的に言いますと、文章を書く練習をたくさんして書けるようになっていこう!という授業です。毎回テーマがあり、授業でそのテーマについて学び、細かな点などを先生と一緒に見てから文章を書きます。書いたら提出して添削してもらいます。授業終わりに出す時もあれば、宿題になり次の授業で提出という場合もあるみたいです。

 

○音声

ポルトガルポルトガル語発音を正しく発音する練習をします。この授業はパソコンを使います。ヘッドホンで先生の発音を聞いて、リピートします。自分で発音したものは録音して保存し、先生に提出します。私は日本で通ってる大学ではネイティブの先生はブラジル人が多かったのでかなりブラジル寄りの発音になっていて、苦戦しています(笑)しかし、だんだんできるようになるとすごく楽しいです。

 

○会話

とにかく話して話して話しまくる授業です。先生がとてもパワフルな方で、全員の生徒に話しかけます。最初にテーマが出されてペアを組み、そのペアでテーマに沿った会話をします。その後先生がペアごとにどんな会話をしたのかを聞いて回ります。この授業で3hぶっ通しだったときは頭が沸騰しそうになります。

 

○構造

構造とありますが、文法の授業に近いです。1から文法を習います。しかし、スピードは他の授業よりも早いのでスイスイと付いて行かなくてはなりません。日本で習った部分もありますが、説明の仕方や例文や練習問題などはやはり違うので大変勉強になります。そして、新しい語彙などたくさん出てきます。

 

 

授業の説明は以上になります!

 

1週間授業を受けた感想としては、なかなか刺激的な毎日だなぁ!ということです。クラスには様々な人種の人がいます。それぞれの国によって苦手分野が違うことに気づき、言語はやはり全然違うのだなぁと再確認しました。また先生方のキャラが個性的で楽しいです。もちろん勉強もガリガリしていかないとひぃ〜となりそうなので頑張らなくては!と思いました。

 

まだ大学が始まって1週間!この1週間はなんだか長かったような短かったような不思議な感じでした。しかしすっかり日中も肌寒くなり秋が訪れて、月日が経っているなぁという実感もあります。

 

これからの授業はどうなるのか!また気づいたことを書いていけたらなぁと思います。

 

では、また。

 

 

おまけ

 

私の今日の夜ご飯です。フードコートでサラダを注文してみました。真ん中らへんにツブツブした、見た目は米のようなものが入ってました。ドレッシングとマッシュルームとチーズが美味しかったです!

f:id:sparkle222:20181012075120j:image